尿漏れには様々な原因があります

尿漏れの原因はひとつではありません

年齢とともに尿漏れが多くなったと実感している人は多いのではないでしょうか。実は尿漏れの原因はひとつではありません。原因を特定することによって治療や改善を行うことが可能となります。ここでは尿漏れの原因について説明します。
一つ目は腹圧性の尿漏れです。急に立ち上がった際や重い荷物を持つために力を入れたとき、せきやくしゃみをしたときなどお腹に力が入ることによって膀胱を圧迫してもれてしまうというものです。女性に非常に多いといわれており、女性の4割である2000万人が悩んでいるともいわれています。漏れてしまうのは骨盤底筋群といわれる尿道括約筋を含んだ筋肉が弱ることによって起こります。加齢や出産が契機となることが多いです。
二つ目は切迫性の尿漏れです。急に尿意を感じ、トイレまで我慢できずにもれてしまうという症状です。自宅ではまだいいですが、外出先や乗り物に乗っているときなどは非常に困ります。脳血管障害が影響する場合や膀胱が過敏になっている場合、前立腺肥大症などが原因となって起こります。
三つ目は溢流性のものです。これは尿が膀胱内にたまることによって、少しずつ尿が漏れてしまうというものです。根本には排尿障害があることがほとんどで前立腺肥大などにより少しずつしか排尿できない人に起こります。そのため、男性に多い尿漏れということが出来ます。
最後は機能性の尿漏れです。排尿機能には問題はなく身体機能や認知症などが原因となるものです。歩行が上手に出来ないためにトイレまでにもらしてしまう場合や、認知症によって適切な判断が出来ずにトイレ以外でしてしまうなどの場合がこれにあたります。この場合は環境整備や介護方法を改善することが必要になります。

ホーム RSS購読 サイトマップ